2017年 04月 09日

ポルトガル旅行14

リスボン最終日はテージョ川の対岸カシーリャスへ行って昼食の予定です。
車なら4月25日橋を渡って行けるのですが(全長2278m、ヨーロッパで一番の長さを誇る吊り橋。上段は車、下段は列車が通る2段式となっており、車窓からの眺めはすばらしい。南端のそばにはクリスト・レイがそびえる。1966年までは、市内とリスボン南部をつなぐ橋はなく、フェリーで往来していたが、当時の独裁者サラザールが4年をかけ建造させた。当初はサラザール橋とよばれたが1974年4月25日、無血革命にちなんで現在の名に改められた。現在、リスボンに入る車のみ料金を徴収される。)
c0158398_21491568.jpg
我々はフェリーで行くことに。
c0158398_21494586.jpg
空はあいにく雨模様、向こうに4月25日橋が見えます。
c0158398_21500398.jpg
カシーリャスに着きました。
c0158398_21501594.jpg
雨模様でレストラン街は閑散としていました。
c0158398_21513598.jpg
目的のレストラン”O MARTIN"到着、お料理(カタプラーナ)を注文。
c0158398_21515492.jpg
こうして頂いたのですが、忘れられないほどおいしかった、ポルトガル料理は日本人に好まれる味ですね。
ポルトガル風ブイヤベース?
c0158398_21520083.jpg
夜はポルトガルでの目的の一つ、ファドレストランに。
ファド(ファド(ポルトガル語: fado [ˈfaðu])は、ポルトガルに生まれた民族歌謡。 ファドとは運命、または宿命を意味し、このような意味の言葉で自分たちの民族歌謡を表すのは珍しい。 1820年代に生まれ、19世紀中ごろにリスボンのマリア・セヴェーラの歌によって現在の地位を得た。)と、あります。日本の演歌のようなものかな?
生で聞いて感激しましたよ。ポルトガル、素敵な国でした。
c0158398_21521491.jpg




[PR]

# by coffee-break-t | 2017-04-09 22:40 | 海外旅行
2017年 04月 09日

ポルトガル旅行13

翌日、ジェロニモス修道院へ。

ジェロニモス修道院: Mosteiro dos Jerónimos)は、ポルトガルの首都リスボンベレン地区にある修道院であり、世界遺産リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」の構成資産のひとつである。マヌエル様式の最高傑作ともいわれ、大航海時代の富をつぎ込んで建築された。

付近には同じく世界遺産であるベレンの塔発見のモニュメントが存在する。

2007年12月13日に、リスボン条約の調印式が行われた場所でもある。

ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路開拓及び、エンリケ航海王子の偉業を称え、1502年マヌエル1世によって着工され、1511年に回廊など大部分が完成したものの、その後、マヌエル1世の死やスペインとポルトガルの同君連合による中断等もあり、最終的な完成には300年ほどかかっている。

その建築資金は最初バスコ・ダ・ガマが持ち帰った香辛料の売却による莫大な利益によって賄われ、その後も香辛料貿易による利益によって賄われた。(ウィキペディアより引用)
と云うことなのですが、行ってみると閑散としている・・・??
そう、休館日でした!あー失敗。でも外側から見られたからいいか!

c0158398_08455472.jpg
休館日の入り口で記念写真
c0158398_08273390.jpg
近くのエッグタルト屋さんが超有名、外には長蛇の列ですがこれは持ち帰りのお客様、ここで食べる方は中に入ってすぐ頂けます。
c0158398_08351491.jpg
もちろんいただきました、とろっとして、ほんとおいしい!

c0158398_08354315.jpg
続いて発見のモニュメントへ。
コレ意外と大きいのでびっくり!テージョ川岬に立つ一大モニュメント。ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路へ旅立った際の船出の地として知られ、1960年にエンリケ航海王子の没後500年を記念して建てられた。高さ52mの巨大モニュメントの先端には、ヴァスコ・ダ・ガマをはじめとする32人の偉人像を従えて王子の像が立つ。
c0158398_08231244.jpg
続いてちょっと先にあるベレンの塔。ベレンの塔リスボンベレン地区にある塔で、「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」の構成資産として世界遺産リストに登録されている。16世紀マヌエル1世によってヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたテージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞である。建築様式はマヌエル様式である。(ウィキペディアより引用)
c0158398_08282764.jpg
次はコメルシオ広場。リスボンの海の玄関口であるテージョ川に面した約200m四方の広場。リスボン大震災前にはポルトガル王マヌエル1世(在位1495-1521)の宮殿があったため、テレイロ・ド・パソ(宮殿広場)とも呼ばれる。周辺には多くのカフェやレストランがある。
c0158398_08285646.jpg
ここまで見た感じとしては、スゲーお金かけてるなポルトガル!って感じ。但し、大航海時代のその当時ね。
なんか、今はお金使い果たしちゃったよ感が漂う。でも素朴感があって私は好感が持てる国。
日本との関係も昔からあって、旅行に行くならおススメですね。





[PR]

# by coffee-break-t | 2017-04-09 10:36 | 海外旅行
2017年 04月 05日

ポルトガル旅行12

さて、今日は聖アントニオ祭見物。(リスボンに夏の訪れを告げる伝統の祭り。漁師の大漁祈願祭としても知られ、名物のイワシにちなみイワシ祭りとも。また聖アントニオが愛の守護者であることから、地元では愛を伝えるイベントとして定着しています。祭りは前日に始まり、特に地区ごとに揃いのユニフォームで行進するパレードは圧巻。広場にはイワシ料理をはじめ多くの屋台が出て、深夜まで盛り上がります。)

浴衣やハッピで日本をアピール!
c0158398_08311898.jpg
リスボンのイワシ大きい!
c0158398_08320421.jpg
リベルターデ大通りを各地区の代表が踊りながら通り過ぎていきます。
素朴なリオのカーニバルの感じ!
c0158398_17365026.jpg
c0158398_17371918.jpg
c0158398_17375049.jpg


[PR]

# by coffee-break-t | 2017-04-05 17:39 | 海外旅行
2017年 04月 04日

ポルトガル旅行11

ドウロ川を背に長い上り坂の旧市街を歩いていると古いボタンを使ったアクセサリー屋さんを発見。スクーターまでボタンだらけ!
c0158398_14521420.jpg
ボタンはポルトガル語です、お土産にネックレスを買って、オーナーさんに日本の豆絞り手ぬぐいをプレゼント!
c0158398_16462336.jpg
c0158398_16450795.jpg
c0158398_16473816.jpg
オリジナリティーあふれるネックレスですよ。覗いてみてください。https://www.facebook.com/aramarteacessorios/


[PR]

# by coffee-break-t | 2017-04-04 21:24 | 海外旅行
2016年 08月 15日

だいぶ間が空きました。

去年のポルトガル旅行の途中から今年の正月になって、それからずっと休んでしまいました。
心機一転、また書き始めようと思います。
[PR]

# by coffee-break-t | 2016-08-15 15:55 | 随想