coffee break

break2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 01日

北イタリア旅行2

ローマ二日目の午後、車で一時間位のジェンツァーノ市に向かいました。
目的は”インフィオラータ”のフィナーレを見ることです。
現在は日本の各地で行われるようになった”インフィオラータ”(道路などに花びらで絵を描くお祭り)ですが、そのルーツはここなのです。キリスト教の聖体祭の行事の一環として6月の中旬に行われ、今年は16,17,18、の三日間で開催され330年以上も続いています。
初日は花びらで絵を描き始め、二日目にその上を司教様達が歩きながらお祈りをし、三日目に市民参加の様々な行事が行われ、最後に子供たちがその花の上を駈け下りて絵を崩すフィナーレとなるのです。

さて、ローマから出発し有名な古代の道路、アッピア街道の起点サン・セバスティアーノ門をくぐり
c0158398_723697.jpg

横目でアッピア旧街道を眺めながら、ジェンツアーノに着いたのが午後2時半ごろ、まだ日が高く人影もまばらです。

フィナーレの行事が始まるのが予定では5時半と聞いていましたが、現地で聞くと「こう暑くっちゃ6時頃から始めるかな」といういい加減さ、これをイタリア時間と呼ぶそうですが。
いろいろと説明していただいた市の職員?の女性。
「日本人がここに研修に来て、私たちが教えたんですよ」って。
c0158398_7412983.jpg

観客の少ない今のうちにと、市庁舎のベランダに上げていただき、インフィオラータ全体を撮影させていただきました。

だんだん観客が集まってきました。
c0158398_813952.jpg

c0158398_8135830.jpg

6時近くになっていよいよフィナーレが始まりました。
中世の衣装を仮装した方たちの行進、時代を追って続きましたが、その一部です。
c0158398_8171527.jpg

c0158398_818187.jpg


このような中世のファッションショーやブラスバンドの演奏行進もあり、いよいよ子供たちの花絵崩しが始まりました。

c0158398_826914.jpg

c0158398_8264556.jpg

子供の後に大人も加わり、すごい勢いで駈け下りていきます、坂の下のほうは人でいっぱい!
砂ぼこり、花ぼこりが舞い上がりお祭り最高潮となったのです。この花びらを持ち帰ると幸せになれるとか。
見ている私たちも、心温まる異国の小さな町のお祭りを肌で感じて帰路に着いたのでした。

明日は、港町ジェノヴァに向かいます。
[PR]

by coffee-break-t | 2012-07-01 06:34 | 海外旅行


<< 北イタリア旅行3      北イタリア旅行 >>