coffee break

break2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 23日

ジェルブロワ

この村の名前との出会いは数年前に買った一冊の薔薇の本でした。
きれいな写真で村を紹介しています。その昔100年戦争のころ
幾多の戦いがあった場所で、戦争が終って荒廃した村を見た
画家、アンリ・ル・シダネールが村人たちに薔薇を植えることを
教えて現在の姿になったそうです。現在もアンリ・ル・シダネール
の家族の方が住んでいます。
c0158398_23454997.jpg

現在のシダネールさんの家、村の小高い丘の上に建ち、中には庭園が
あり、気が向くと見せてくれることもあるそうです。
この日は、一年で一日だけの村祭りの日で、普段は、人影もまばらで
静かな村に大勢の観光客が来ていました。日本ではあまり知られてい
ないこの村も最近はバラ愛好家たちから、徐々にその名前が出るよ
うになってきたようです。この村のバラの存在は、生活の中の風景に
自然に溶け込んでいる良さが見どころで、花の一つ一つが素晴らしい
という意味ではないようです。
実際、村全体を通して見てみるとその様に感じます。
c0158398_2346531.jpg

[PR]

by coffee-break-t | 2008-06-23 23:48 | 海外旅行


<< ジェルブロワ      旅のお話 >>