coffee break

break2.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 15日

フランス旅行 最終回

さて、帰国当日は午後3時ごろまで自由行動なので、ランチを兼ねてパリ散策となりました。
当日撮影したパリ市内の写真を少々。
パリの地下鉄コンコルド駅、アルファベットのタイルがおしゃれですね。
c0158398_7564627.jpg

反対側のパリジェンヌ。
c0158398_75993.jpg

オペラ座通りオペラ座方面。
c0158398_811294.jpg

同じく反対方向、ルーヴル美術館方面。
c0158398_83824.jpg

オペラ座界隈をぶらぶらしていると、空がだんだん怪しく、暗くなってきたと思ったら、オペラ座が際立ってきれいに見えました。
c0158398_84947.jpg

ギャルソンはコーヒーついでに雨宿り・・・。いや、ビールか!
c0158398_863578.jpg

おしゃれなビルの谷間に、モンマルトルの丘サクレクール寺院が見えます。
c0158398_884721.jpg

お昼が近づきだんだんお腹もすいてきました。ランチはパリに来ると必ず寄るこのお店。
安くてムール貝が美味しい”レオン”へ。パリ市内に数店舗あるうち今日はオペラ座店へ。
何故この”レオン”がおススメかと言うと、メニューが写真入りで注文しやすいのです!
c0158398_8112685.jpg

c0158398_8132234.jpg

c0158398_814443.jpg

もちろん美味しいし、量もたっぷりです。まずはビール。ベルギーが本店なのでベルギービール、うまい!
c0158398_8152011.jpg
c0158398_8154537.jpg
c0158398_8161013.jpg
c0158398_8164122.jpg

美味しいランチをお腹いっぱいいただいて、外に出ると日差しも戻って、絶好の散策日和になりました。
c0158398_8174172.jpg
c0158398_8202077.jpg
c0158398_8222171.jpg

お土産も買って、美味しく、楽しいフランス旅行の締めくくりでした。
c0158398_8233250.jpg

今回は、ツアーに参加しましたが、フリーの時間を活用して、意外と自由な旅行が出来た感じがしました。
何より、出発がゆっくりで、帰国も夕方なのでゆったり感があって、とても落ち着けた旅行でした。同行の皆様お世話様でした。 ここまでお読みいただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-15 08:26 | 海外旅行
2013年 07月 12日

フランス旅行10

今日は今回のツアーでは、丸一日自由行動の日。
我々は、日本からの計画でフランス第二の都市、リヨンに行くことに。天気もよさそうです、宿泊しているモンパルナスのホテルからの景色。大きなビルはモンパルナスタワー。
c0158398_758148.jpg

駅名が紛らわしいのでちょっと説明、
パリ市内にパリ・リヨン駅(昨日行った”ル・トラン・ブルー”のある駅)という名前の駅があります。
c0158398_871771.jpg

その駅から南仏のリヨンに行く電車が出ているのです(マルセイユ行きTGV)。つまりパリ・リヨン駅と南仏のリヨン駅は別の駅です、それでは駅構内に入ります。
c0158398_802571.jpg

さて、予約したマルセイユ行きTGVはどこに・・・?慣れない駅で右往左往。乗車予定のTGVがどの列車なのかわかりません。後でわかったのですが、出発ホームと到着ホームの場所が完全に別になっていたのです!
今度はどの列車か駅員に聞くと、「解りません。」だって!コレもまもなく判明。15分前にならないと電光掲示板に出ないのです。
c0158398_827247.jpg

c0158398_8121341.jpg

c0158398_8291237.jpg

色々あって、なんとかTGVに乗り込むことが出来ました、イタリアに次ぐいい経験でしたね。
c0158398_830063.jpg

これから先は、短くビデオにまとめました、ご覧ください↓

今回の旅行で印象に残った№1の街、リヨンでした。

明日は午後まで自由時間、パリを散策してから帰国の予定です。
つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-12 08:39 | 海外旅行
2013年 07月 09日

フランス旅行9

翌日、午前中はパリの市内観光です。
何度か訪れているパリですが、いつ来ても素晴らしく、来る度に世界中の人々が憧れるのがよくわかります。
市内はほとんどバスで回り、車窓観光でしたが、今回は落ち着いて説明を聞くことができました。
市内観光の代表、シャイヨー宮前からのエッフェル塔。
c0158398_2143104.jpg

各所を廻り、お昼はルーヴル近くのレストランで、キッシュ・ロレーヌをいただきます。
c0158398_21461870.jpg

向こうの建物がルーヴル。整然と並ぶ自転車は公共のレンタルサイクル。
c0158398_21483210.jpg

反対側。
c0158398_21494317.jpg

パリのオープンカフェ。いかにもパリって感じ!
c0158398_215158.jpg
c0158398_21514465.jpg

午後は一度ホテルに戻り、その後各自自由に過ごすことに。
我々は、夕食かたがた市内に再び出かけます。お土産などを物色しながら時間が過ぎ、そろそろ夕食に・・・。
今宵のディナーは、パリ・リヨン駅(パリ市内にあるリヨン駅)構内の、知る人ぞ知る”ル・トラン・ブルー”と決めていました。普通、予約をしなければ、無理と聞いていましたが、早めに行けば大丈夫だろうと勝手に考えて、行って正解!待たされましたがなんとかテーブルにつけたのです。ル・トラン・ブルーって名前は言ってみればブルートレイン、青い列車と言う意味です。調べればいわれもありそうですが省略。
ここは、1901年の創業と歴史はそんなに古くない、そりゃそうです鉄道の歴史みたいなものですからね。
しかしここの何がすごいのか?内装です内装!あまりカメラでパチパチやるのもはばかれたので、適当に撮りました。映画の撮影にもたびたび使われたとか・・”二キータ”、”ミスター・ビーン”等。
まず入り口。
c0158398_2234393.jpg

開店まで待つのに通されたところ。
c0158398_2239485.jpg

レストラン内。
c0158398_22431320.jpg
c0158398_22434919.jpg
c0158398_2244931.jpg

お料理のお味は・・・普通でしたね。
ここに来た理由がもう一つ。実は明日、リヨンに行くTGVにこのパリ・リヨン駅から乗るので、下見の意味もあったのです。そんなわけで明日はフランス第二の都市リヨンに行きます。
つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-09 23:00 | 海外旅行
2013年 07月 08日

フランス旅行8

午後はベルサイユ宮殿の見学です。観光収入世界一のフランス、それもパリの観光では定番中の定番。
入り口の石畳は過ぎた年月が物語り、石が大きくごつごつしていてとても歩きにくい印象。
c0158398_7401134.jpg

そして鏡の間。いつ来ても豪華ですねぇ。さすがに名所中の名所、観光客もひしめいています。動画↓

ひととおり見学の後シャンティーに向います、ホテルに行く途中バスからチラッと見えたシャンティ城、素敵な外観です。
c0158398_21264615.jpg

外観ばかりでなく
• ルーヴル美術館に次ぐ豊富な古典絵画コレクション(ラファエロ、プッサン、アングル、ワトー、ドラクロワなど)
• 城館内の図書室には11世紀からの古書1万3000冊を所蔵(ヨーロッパでも最大規模の古書コレクションとして有名)。
• バラエティに富んだ美しい庭園の数々 :
造園師アンドレ・ル=ノートル設計のフランス式庭園、英国中国風庭園、イギリス式庭園、庭園のはずれにある村里(後にヴェルサイユのマリー・アントワネットの村里のモデルとなった)
• 世界でも最も美しいもののひとつに数えられる大厩舎と実施される乗馬ショー
• 高級フレンチレストラン:
シャンティークリームの発祥地として知られるこの地ならでは、伝説の宮廷料理人ヴァーテルが発明したホイップクリームを再現したものが味わえます。

"ヴェルサイユ城には7度も連れて行ってくれたが、なぜここには1度も連れて来てくれなかったのだ?"
と、リチャード・ニクソン(アメリカ合衆国第37代大統領。シャンティ城公式訪問の際の言葉) に言わしめたほど。

機会があれば次回は訪れたい名所なのです。

そんなシャンティー城を通り過ぎ、まもなくホテルに到着しました。いかにも古城ホテルと言う感じ。
c0158398_21382767.jpg

c0158398_2139410.jpg

緑濃い森の中にあるホテルで落ち着いた時間を過ごせました。
c0158398_21472077.jpg
c0158398_21475433.jpg
c0158398_21482592.jpg

明日は、パリに戻り、午前中市内観光、午後から明後日の午後まで約二日間の自由行動です。
つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-08 21:54 | 海外旅行
2013年 07月 06日

フランス旅行7

翌朝、ルーアンの観光です。
モネの絵画で有名な、ルーアン・ノートルダム大聖堂。
c0158398_145296.jpg

入場しました↓

このくらいの大きさになると、入場しただけで厳かな気分になります。

サンマクルー教会は工事中でした、サントゥーアン教会と市庁舎を見学しながら賑わう大時計通りへ。
c0158398_15434095.jpg

c0158398_2204514.jpg

時計を潜り抜けた広場に何やら人だかりが・・・。
今、ルーアンに帆船が集結して夏祭り中なので、記念のバンダナを配っていたのでした。思わずゲット!
c0158398_21242966.jpg

c0158398_2215658.jpg

ルーアンはその昔ジャンヌダルクが処刑された地、教会が立てられ慰霊碑が建っています。
c0158398_2144349.jpg

広場には市場があり見学も色彩豊かで楽しいです。
c0158398_21481090.jpg
c0158398_21482957.jpg

チーズやさん。
c0158398_21532558.jpg

c0158398_2154625.jpg

さて、今日のお昼は各自、自由なので広場のレストランへ。
たぶん量が多いだろうと思い、二人で一ついただくつもりで注文したのが大正解!
食べかけでごめんなさい。
c0158398_21571642.jpg
c0158398_2157412.jpg

午後はルーアンを後に、12年ぶりのベルサイユ宮殿見学、そして今晩のお泊りは競馬場で有名なシャンティー近くの古城ホテルです。つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-06 22:20 | 海外旅行
2013年 07月 05日

フランス旅行6

午後、モンサンミッシェルを後にルーアンに行く途中、オンフルールに立ち寄ります。
オンフルールに着いたころには青空も見え始め、バスを降りてみると、とても落ち着いた、感じのいい港街です。
今回の旅行で、とても印象に残った街の一つ。またフランスに来られるのなら泊まってみたいと思いました。
かつての印象派と呼ばれる画家達の題材にされたのもうなずけます。
c0158398_124522.jpg
c0158398_1245327.jpg

漁船もカラフルで、おもちゃのチョロQみたいに寸詰まりでかわいい。赤い灯台と青い空にバランスしてます。
c0158398_12553048.jpg
c0158398_12555498.jpg
c0158398_12561632.jpg

そしてこちらは旧港の景色。きっとどこかで見たことがありますね、この景色。
c0158398_132218.jpg
c0158398_1325253.jpg
c0158398_1332269.jpg

旧港の動画です↓

ワイン片手に食事したいです!
c0158398_1385111.jpg

c0158398_1392922.jpg
c0158398_13103071.jpg

c0158398_13121032.jpg

港ばかりでなく、旧市街も素敵です。木造のサン・カトリーヌ教会。
c0158398_1318491.jpg

c0158398_13195610.jpg

旧市街一部の動画↓

人気のあった、缶詰屋さんのバッグ。
c0158398_1335552.jpg

ノルマンディ・マリンルックの店?日よけの上までディスプレイ!
c0158398_13384418.jpg

他のお店も私達が見るととてもおしゃれに見えます!シードル屋さん。
c0158398_13402933.jpg
c0158398_13404435.jpg

写真ばかりになりましたが、約一時間くらいの滞在でした。これから本日の宿泊地ルーアンに向います。
つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-05 20:24 | 海外旅行
2013年 07月 05日

フランス旅行5

撮影場所の水門。
c0158398_7544083.jpg

さて、翌朝いよいよモンサンミッシェル観光です。この川を境に右がノルマンディー地方、左がブルターニュ地方に分けられるそうです。この川の水門の上から当日の早朝撮影動画↓

天気は曇り、時々弱い雨がぱらつきますが、傘はなくてもいい程度。昨日乗ったシャトルバスの停留所へ、と言ってもホテルの目の前です。向かいはスーパーマーケット。
c0158398_21595065.jpg

バスに乗り、着いてから門をくぐります。この渡り廊下も満潮の時には一部水没してしまうとか。

ここで地元のガイドさんから、衝撃の情報が入りました!
なんと、これから見学を予定しているモンサンミッシェル修道院の修復工事屋さんが、ストライキに入ったそうで、今日は見学不可能だと言うのです!そういえば昨日から壁面に、なにやら字を書きなぐったような布がひらめいていたっけ!こちらの方はよくやるんですよねストライキ、仕方なく入り口まで行きましょうということで城壁の階段を上り始めました。
c0158398_22405726.jpg

これ!ストライキの垂れ幕?
c0158398_7345799.jpg

ホテル方面
c0158398_22415733.jpg

せっかく来たのだから修道院の入り口までは行きましょうと、階段を上ります。
途中で海方面等々の写真。
c0158398_7573350.jpg

c0158398_802457.jpg

c0158398_834572.jpg

修道院の入り口まで来ると案の定、入れない人が集まっています。やはり修道院見学は断念せざるを得ませんでした。アジアの端からわざわざ見に来たのにねぇー。
c0158398_8202869.jpg

そんなわけで、周辺散策とお昼を頂いて帰ることになりました。
c0158398_844451.jpg

c0158398_8444024.jpg

お昼は昨日、下見をしておいた坂の途中のレストランへ、例の有名店ではありませんが。注文したのは、お約束のコレ!
ふかふかしていますがバターの香りと塩味うっすらとして私は美味しかったですよ。
c0158398_8505534.jpg

さて、食後はお土産やさんの通りを散策、ここへ来る前から思っていたけど、江ノ島のフランス版ですね。
動画でご覧ください↓  さすが世界の観光名所、大勢のお客様です。

午後は、モンサンミッシェルを後にセーヌ川河口の港町、オンフルールに立ち寄り、本日の宿泊地ルーアンに向います。
つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-05 08:59 | 海外旅行
2013年 07月 01日

フランス旅行4

シュノンソー城を後にどのくらいの時間走ったのでしょうか、疲れで寝てしまい、起こされた時には、バスの窓越しにモンサンミッシェルが遠く見え隠れしていました。
c0158398_22112382.jpg

宿泊ホテルはモンサンミッシェルに続く一本道の傍らで、道路に出ればその姿が眺められる位置です。
c0158398_21515981.jpg

観光は明日なのですが、夕食後、添乗員さんが有志の方を島のライトアップの時間まで案内してくださるというありがたいお言葉!なんと親切な添乗員様。(ANAセールスの堀さん)
島まではシャトルバス(無料)が出ています、一般の車両は入れません。歩いてもいけます。
我々はシャトルバスに乗車。島に向う映像です↓

さて、先ほど一本道と書きましたが、近々この道の海の部分が橋に代わろうとしています。元は干潮の時だけ渡れる島であったのを、道を作ったために潮の流れが変化し周辺環境も変わってしまい、それを元に戻すのが目的のようです、なのでただ今工事中。
近くで見上げると、さすがに世界遺産、迫力ありますねー。空が明るいですがこれで午後9時半ごろです。
c0158398_22175751.jpg

ご存知だと思いますが、モンは山の意、サン・ミッシェルは聖ミカエル(ミッシェル)で”聖ミカエルの山”と言う意味だそうです。そんな訳で教会の尖塔の先には聖ミカエルの像が立っています、ドラクエみたい。
c0158398_22282971.jpg
c0158398_2228597.jpg

明日の観光予習も兼ねて島内に入ってみました。参道は時間も遅いので閑散としています。
c0158398_22441377.jpg

c0158398_22471575.jpg

ひととおり島内を歩いて帰ることにしました。だんだん暗くなります、徐々にライトアップが効いてきて幻想的になってきます。
c0158398_22521487.jpg

ホテルの近くで、もう一枚。
c0158398_2314327.jpg

明日は午前中に観光して、昼食はアノ有名なオムレツをいただくつもり!午後はモンサンミッシェルを後にして絵画でも有名な旧い港町オンフルールに寄り、ルーアンに向かいます。 つづく。
[PR]

by coffee-break-t | 2013-07-01 23:10 | 海外旅行