coffee break

break2.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 01日

フランス旅行 オーベル・シュル・オワーズ

c0158398_14160785.jpg
画家ビンセント・ヴァン・ゴッホが終焉を迎えた地を訪ねました。
(Auvers-sur-Oise) は、フランスイル・ド・フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県の村フィンセント・ファン・ゴッホらが、この村へと着想を得るために赴いた。とりわけ、ゴッホはこの地で70点もの作品を描いた。また、この村はゴッホが最期を迎えた地でもある。ラ・ヴァレ・デュ・ソスロン小郡 の小郡庁所在地。(引用ウィキペディア)
c0158398_14154435.jpg
小道を歩き丘?の上に出ると一面の麦畑とその一角に墓地がありました。
そこにゴッホと弟のテオさんのお墓があり、今でも花が手向けられていました。
風の音しか聞こえないとても静かな場所。
c0158398_14324061.jpg
c0158398_14272605.jpg
c0158398_14275037.jpg
c0158398_14275697.jpg
c0158398_14281205.jpg




by coffee-break-t | 2019-01-01 14:34 | 海外旅行


<< フランス旅行 シャンティイ城      バラが咲いた >>